CoreserverにMediaWikiをインストールする方法

コアサーバーにMediaWikiをインストールする機会があったので手順のメモ。
(2013年11月24日(日)のソフトウェアアップデートに伴い、PHPバージョン等が更新されたので最新MediaWiki(1.21.3)が導入可能になった)

MediaWikiとは・・・PHPとMySQLを用いてWikipediaを作成できるCMSツール。あのWikipediaもMediaWikiで作られています。
特徴

  • 多言語対応(UTF-8,EUC,sjis等)
  • 豊富なアクセス権限(セキュリティ)
  • 今現在も開発中でありセキュア
  • ファイルアップロード
  • LaTex(数式を表示することができるマークアップ言語的な奴)の使用
  • 全文検索機能
  • 日本語文献が少ない(PukiWiki等は日本語サポート万能)
  • その他諸々

※要は、Wikipediaで出来ることは何でも出来ます。

  1. ダウンロード
    http://www.mediawiki.org/wiki/Download ←ここからDLできます。
    MediaWikiのバージョンが高い程、最新のPHPのバージョンが要求されます。自分の使っているレンタルサーバーのPHPのバージョンを確認してからバージョンを選択しましょう。
    coreserverの場合はココで見れます。
  2. インストール
    ダウンロードして展開したフォルダをイントールしたいフォルダに放り込みます。(sshでwgetで直接サーバーにダウンロードしてtarコマンドで展開してもok)
    アップしたurlにブラウザで開きます。
    ※最新のverのMediaWikiだと下記画像の様な画面が表示されることがあります。(MediaWiki 1.21 internal error)
    意味的には、「内部エラー:お前んとこのサーバーのPHPver5.2.5だけど、最新の俺(MediaWiki)はPHPver最低でも5.3.2必要だから!アップデートしてから出直せカス」って感じです。
    arhgreghaergerg
    PHPのバージョンは最新のはずなので、ここの手順に従って、PHP5.4として動作させると上手く動きます。
    (localsetting.phpファイルはインストール完了後に生成されるものなので問題なし)
    hthstrhrth
    続行
    4eggrege
    データベースの種類、データベース名とユーザー名、パスワードを入力。
    接頭辞は空白のまま。ホスト名は大体localhostですが、変えてる場合は随時変更。
    agergaerg
    ストレージは、頻繁に書き換えたりする場合はInnoDB、読み込むだけがメインの場合はMyISAM。
    文字セットは、バイナリを選ぶ意味がわからないのでUTF-8に変更しましょう。
    eragergerg
    このページに遷移した際に、勝手にダウンロードされる「LocalSetting.php」をwikiをインストールしたルートフォルダに放り込むインストール完了
    aregeger
    おなじみのwikipedia画面です。
    編集方法とかについてはまた後日書くかも。書かないかも。
    aergergger

動かしてみた感想としては噂されてた通り、動作はもっさり気味かもしれません。
pukiwikiと違って設定次第でhtmlで直接記事を編集出来る点は良いと思います。
MediaWikiは日本語の文献が少ないのでとらぶった時苦労しそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク