ExcelからMySQLへ接続する為の設定メモ2010

標記メモ。

excelからmysqlを使うには、「odbc」とかいう複数のデータベース言語を共通の操作で扱えるようにできる仕組みを使うらしい。(excel君のデータベース友達odbc君のみ。他のデータベース友達(mysql,oracle)をodbc君に紹介してもらう必要が有る)

デフォルトでwindowsにはodbcが入ってるらしいのですが、mysqlの使い方(ドライバ)を知らないので、教えてやる必要があります。
こっからダウンロードできます。
(ちなみに5.2とかだと上手くいかなかったのでわざと5.1にしてます。)

以下手順。(ちなみにこの手順はexcelが32bitで、OSが64bitの場合は「プロバイダーの初期化中にエラーが発生したため、接続のテストに失敗しました、アーキテクチャーが違うので云々」みたいな、なにいってんだコイツ的エラー(64bitのドライバでは32bitのアプリを操作できないらしい、詳しくは知らん)を吐くのでちょっとだけ別手順になります。もしかしたらmysqlのbit数なんかも?よーわからんけど、そこらへんのbit数の違いでエラー吐きます。一番下にやり方記載。)

  1. ダウンロードしてきたドライバ的なのをインストール。
  2. 「コントロールパネル」→「管理ツール」→「データ ソース (ODBC)」を開く。
    ユーザーDNSタブの中の「追加」をクリック。
    agreherh
  3. MySQL~を選んで、「完了」をクリック。
    tyjmtuyjty
  4. DataSourceName:好きな名前でええ。Description:空白で良い。TCP/IP Server:mysqlを建ててるサーバーのIP。 Port:多分弄らなくて良い。 User:mysqlのログインID(rootでええやん) Password:そのままや。 Database:どれでもええ。
    ahaer
  5. 接続成功したらこんなん出ます。(もちろんmysqlのサーバーが動いてないと接続できません。mysqld.exeが起動してることを確認)
    eoirjhgoiserg
  6. 前準備が完了したので、excelを立ち上げて、「データ」タブ→「その他のデーターソース」→データ接続ウィザードを開く
    rtjhrsjhntdnjt
  7. 「ODBC DSN」を選んで次へ
    segergergseger
  8. するとさっき作ったmysqlの設定名?が出てくるので選択
    sethbrsthsret
  9. 接続成功したら、パッって開くので、あとはご自由に。
    gsegergsegesrggesgegsegreg

32bitのexcelの場合、32bitのODBCドライバを使ってやる必要があります。

64bitのODBCドライバをインストールしたとしても、32bitも同時にインストールされています。(C:\Windows\SysWOW64\odbcad32.exe

これを起動して↑と同じ様に設定するだけです。

yjftyjyt

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク