固定回線からポケットwifiに一本化した【305ZT】

こんにちは。

今現在私はInvoiceとかいうマイナーなプロバイダのGeorgeとかいう集合住宅の光(2800円/月)を使っていたのですが、
今月末に引っ越すに当たって、解約することになりました。

そこで次の引越し先でも、固定回線の光(nttのマンションタイプ(4000円/月くらい))をひこうと考えていたのですが、
なにやら今のポケットwifiは、固定回線より理論速度が速く、通信料の制限も無い(!?)やつもあるらしい。(最強やんけ)

そこで、スマフォの2年縛りが解けていることもあって、「MNPと一緒にポケットwifiに申し込んだらスゲー安いんじゃね?」っていう考えで、梅田ヨドバシを散策していると、とても安いプランを見つけました。

Nexus5 32G(通信制限2GB/月)+305ZT(通信制限無し)の2つセットで4800円/月。↓(2年縛り)
ger

しかもこのnexus5、10分以内の電話なら月300回無料。ワイモバイル最強すぎる。

305ZTを使ってみた感想

大阪全域(梅田駅・なんば駅・石津川駅(南海)・泉大津駅・堺駅の周辺しか試してませんが)で爆速です。
(2015年3月4日追記)
LTE並みに早いですが、youtubeやニコニコを見ると、結構な確率で読み込むのが遅いです。(30秒に1回くらい読み込みで止まる、一番画質低い設定なのに)
あと、500MBを追加申請する際に、端末が全く反応しなくて追加出来ない時がありました。(ずっと読み込みで止まる)
なんというか所詮ポケットwifiだな、という印象を受けました。
もう私はイライラするので固定回線を申しこみました。固定回線の光に比べたら、やっぱり大分遅いです。
ただ、動画とかを見ない人はポケットwifiで十分だと思います。

電池の持ちがあまり良いとは言えませんが(普通に使ってて1日も持たないレベル)、家中心の私は全く問題ありません。
あと基本、通信無制限なのですが7GBを超えると、500MBずつ通信量を追加で申請していかなければならないらしいです。(305ZTの画面に出てくるポップアップみたいなのをタップするだけだけど)

305ZTはソフトバンクの回線を流用してる(?)らしいのですが、ソフトバンクには3日で1GB制限とかいうクソな制限があるのですが、それも今の所無いみたいです。(↑の写真の通信量(3.81GB)は1日で使った使用量なのですが制限はかかりませんでした)
今後もかからないことを期待する次第です。

最後に、私が感じた固定回線からポケットwifiに乗り換えた事によるメリットとデメリットをリストアップしときます。

メリット

  1. どこでも爆速ネットが出来る(スマフォ、パソコン)
  2. 何かとセットで安く加入すると月々の維持費を安くできる(私の場合2800円/月の節約になった)

デメリット

  1. 場所によっては繋がらない事がある(田舎とかだと繋がらないのかな?しらんけど)
  2. いつ通信制限がかかるかとビクビクしながら使用しないといけない
  3. 充電が無くなるのがめちゃ早いので、モバイルバッテリーとか持ってないとキツい
  4. いってもポケットwifiなので通信が不安定、fxとかネトゲには向いてない
  5. (私の場合)無線のヘッドフォンが使えなくなることがある(調べたところ、使ってる周波数が同じらしい。ヘッドフォンの方が自動的に周波数を変える機能を持ってるらしいのだが、何回やってもノイズしか聞こえなくなった)

まとめ

固定回線からポケットwifiへ一本化ですが、
ヘビーユーザ(P2Pとかでアニメ落としまくったりする人とか、youtubeに動画を投稿しまくったりする人とか)は、絶対ポケットwifiは向いてません
ネットサーフィンでちょっと調べ物したり、youtubeを適当に見るくらいならポケットwifiは向いてます。

私はポケットwifiだけで不自由を感じたら固定回線を引きなおそうと思います。
おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク