時間を掛けてする節約は愚行、その時間でブログ書け

2015-03-01 23.03.25

節約の愚行性

節約する事自体は良い。とても良い。

でも、節約する事自体に時間を掛けてる事がすごく愚行だと思う。

例えば、10円、20円安いからって理由でいつもより10分余計に掛かるスーパーに買い物いったりとか。
それってその時は数十円得するかもしれないけど、「その時」だけですよね。
継続的に安くなるわけでも無いし、今後収入になるわけでもない。

1日24時間と決まっています。24時間の内に節約できる金額なんてたかだか知れてます。

しかし稼ぐ事に関しては無限です。努力次第で時間の内にどれだけでも稼げます。

ブログを書くことのメリット

その点、ブログを書くというのはすごく良い
書くだけで、ネット上に「記事」という名の資産が生まれるのです。
この「記事」というヤツは、自分がダラダラしてる間にもせっせと客を集めて稼いでくれます。人件費無料で。24時間365日。(インターネットが存在する限り)

文章書くの苦手だし、遅い・・・って人も書いてる内に、ある程度うまくなるし早くなります。

しかも別に大した内容じゃなくて良い。
適当にダラダラどうでもいいことを書いて、人がアクセスしそうなタイトルを付けたら、どんなクソな記事でも最低でも1日1人くらいは大体訪問してくれる。
てことは1年で365人訪問する計算になる。
Google Adsenseのクリック率は、ある程度適切な位置に配置すれば絶対に1%ほどは行くので、365人の1%がクリックしてくれるとすると3人はしてくれる計算になる。

1クリックの単価が20円だとして、1年に60円稼げる計算になる。
この記事をここまで書くのにかかった時間が6分なので、今の時点だと時給600円くらいの計算になる。

これだけだと大したことないように感じますが、これが10年スパンで考えると時給6000円にもなります。(まぁ実際には記事の寿命?的なのは5年くらいだと思いますが)

これってすごくないですか?なんだかすごくワクワクしませんか?(僕はします)
レンタルサーバーとかドメインを取って自分で運営したとしても年に1万も掛かりません。(安いとこだと月100円のレンタルサーバーもあります)
amebloとかfc2とかなら維持費自体無料ですが、無料ブログの場合、書いた記事の著作権がブログサービスを提供している会社になることが多いので、僕はあんまりオススメしません。
(なんだか、人様の為に「自動集金マシーン」をせっせとせっせと製作しているみたいじゃないですか?(集金した金は自分の所に来るけど、「自動集金マシーン」自体は、自分の物では無い、みたいな感じ))

てな感じで、節約に時間を掛けるくらいなら、自分の思った日々の事をブログに書きましょう
(でも一応、訪問した人に取ってある程度のメリットになる様な記事で無いとダメだと思う(共感出来る事、感動できる事、笑える事、興奮出来る事、為になる事))

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク