AviUtlの拡張編集の使い方について簡単にメモ

フリーソフトである「AviUtl」の「拡張編集」機能の使い方についてのメモ。

拡張編集プラグインとは?

AviUtlの「拡張編集プラグイン」は、AviUtlの機能を大幅に拡張する為のプラグインで、AviUtl自体を作成した「KENくん」氏がリリースしたものです。

「拡張編集プラグイン」を導入することで、他の有料動画編集ソフトと同等の動画編集を行う事が可能となります。

また「プラグイン」扱いなので、AviUtl本体の機能とは別扱いとなります。

ダウンロードとインストール

  1. こちらのページから「AviUtl本体」ファイルと「拡張編集プラグイン」とダウンロードします
  2. それぞれのファイルを解凍します
  3. 「拡張編集プラグイン」のフォルダの中にあるファイルを全てAviUtl本体フォルダに移動します

これで導入は終了です。

AviUtlの拡張編集の使い方

拡張編集の主な機能は「タイムライン」と「設定ダイアログ」です。

メニューの「設定」→「拡張編集の設定」から「拡張編集タイムライン」を出します。

拡張編集タイムライン

このタイムラインに動画や画像などの「オブジェクト」と呼ばれるものをドラッグ&ドロップしていき、それらのオブジェクトのパラメータ(位置・拡大率・透明率)を「設定ダイアログ」と呼ばれる画面で変更し、動画を作成いく流れとなります。

設定ダイアログ

また、この「設定ダイアログ」右上の+マークから「エフェクト」効果(フィルター)を追加する事が出来ます。

このエフェクトを組み合わせる事で、動画編集として出来ない事はほぼなくなります。

また有志が作成した「プラグイン」を追加する事で、拡張編集プラグインに無いエフェクト効果を別途追加出来ます。

※最悪、自分でLuaスクリプトで作ればどんなものでも作れます。

エフェクトの種類については以下のサイトが非常に参考になります。
【AviUtl】エフェクトの掛け方と全エフェクト一覧

またAviUtlは初期状態では「AVI」「一部画像ファイル」などしか読み込む事が出来ません。

そこで「L-SMASH Works」という入力プラグインを導入することで様々なファイルを読み込めるようになります。

L-SMASHの使い方については以下のサイトが参考になります。
L-SMASH Worksの使い方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク