「バックアップと同期」が「Googleフォト」「Googleドライブ」の代わりになった【違い】

最近、サブのパソコンに「Googleドライブ」のデスクトップ版をインストールしようとしたら、「バックアップと同期」という名前のソフトに変わっていました。

僕も元々、「この2つのソフト分ける意味あんの?」って思ってたんですが、Googleさんも同じことを思ってたっぽいですね。。

というわけで「何がどう変わったんだ?」と気になったので、調べたことをメモっときます。

変わったこと

変わったことは2つあります。

①2つが統一された

今までは、

  • Googleドライブ
  • Googleフォト

という2つのソフトがあったんですが、この2つのソフトが統一されて「バックアップと同期」という名前のソフトに変わったようです。

つまり、「バックアップと同期」というソフトを入れれば、

  • 「Googleドライブ」のソフトとしても機能するし、
  • 「Googleフォト」のソフトとしても機能する

ということ。

②任意のフォルダを同期できるようになった

これはGoogleドライブに限った話なんですが、
パソコン内の好きなフォルダを同期できるようになりました。

  • 今まで:
    • Googleドライブ内のフォルダのみ同期できる
  • これから:
    • Googleドライブ内のフォルダも同期できる
    • パソコン内の好きなフォルダを同期できる
      (例えば、「D:\音楽」という好きなフォルダを同期できる)

まとめ

まとめると以下のような感じです。

デスクトップアプリの名称 機能
変更前 Googleフォト 「Googleフォト」 ・任意のフォルダ内にある画像をGoogleフォトにアップでき、アップロードする際は

  • 高画質(無料、容量無制限)
  • 元の画質(空き容量 ○○GB)

のどちらか2つを選択できる

Googleドライブ 「Googleドライブ」 ・Googleドライブ内のフォルダのみ同期できる
変更後 Googleフォト 「バックアップと同期」
(2つが1つになった)
・変更前の機能に加えて、
パソコン内の好きなフォルダを同期できる
Googleドライブ

ちなみに、「高画質(無料、容量無制限)」を選択した状態で、画像をアップロードした場合は、自動的に縮小&圧縮されてアップロードされるようです。

更に便利になりましたね。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク