株式投資必勝ゼミ 榊原正幸 まとめ レビュー

まとめをメモっときます。

  1. 買う銘柄を決める
    1. 東証1部であること
    2. 一株純資産(BPS)が1500円以上であること
    3. 自己資本比率が75%以上であること
  2. 買い値の決定
    1. 買い値はPBRが0.5以下の株価
    2. 13週移動平均線の微分係数が-から+に転じるとき
    3. PBRが0.5になったら、資金の半分でその株を買う。残りの半分はナンピン用に取っておく。PBRが0.45になったら資金の残り半分でその株を買い増しする
  3. 売り値の決定
    1. 最低でも25%の利益を獲得するまでは株を保有する
    2. 高値から5%下落した時点で売却
    3. 最長でも26週間(半年)で売却
    4. 最高でも50%の利益を獲得した時点で売却

微分係数が-から+に転じるとき・・・要はグラフが右肩上がりになって来ている時
ナンピン・・・保有している株が下落した場合に、その値段でまたその株を買い増しして、買い値の平均を下げることによって損益を上げる方法

基本的に書いてあることはこれだけです。
これだけ守ってれば、絶対利回り30%/年を達成できるらしいです。(ほんとかよ)
最初の60ページくらいは無駄です。読む意味ありませんでした。一応読むに値する本だったと思います。基本的なことも説明してくれてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク